これからは家族葬の時代

subpage1

最近は、盛大な葬儀をする人が少なくなりました。一般的な葬式においては、社会的な別れが優先される傾向にあり、家族との別れはあまり重視されません。



そのため近年、故人と家族との別れを優先する家族葬をする人が増えています。家族葬は、都会型の葬儀として出発したものなのですが、アットホームな葬儀として今や多くの人たちが利用するようになりました。


本当に自分のことを思ってくれる家族との別れが実現できるので、沢山の弔問客にかこまれた形式的な葬儀と比べて親密度が高いです。


心から偲んでくれる人に最期を看取ってほしいと願う人におすすめできます。
しめやかに故人を偲びながら、遺族の悲しみによりそってくれるのが家族葬の良いところです。
通夜が告別式化して以降、余計な出費が嵩むようになりました。会葬はありがたいことなのですが、一般の葬儀の場合、遺族は故人を偲ぶ間もなく忙しく動き回らなくてはなりません。

また、故人のためにも恥をかいては行けないと弔問客の接待にはかなり気を使う必要があり、精神的に疲労してしまいます。

家族葬なら簡略的に葬儀が進行するので、最小限の費用で済み、人数も少ないので気を遣うことが少ないです。

高度成長期は義理と見栄が過剰に反応する時代で、散財することにそれほど抵抗がありませんでした。



しかしバブル崩壊以降、時代の流れは節約志向へと進んでいます。



家族葬は、家族でよく通った思い出の料理を通夜の席に取り寄せて、近しい人だけで故人を偲ぶことができます。

故人との最後の晩餐を心温まるものにしてくれるのが大きな魅力です。


生活の事柄

subpage2

最近では、家族葬を遺言などで希望する人も出てきています。本当に自分のことを思っている家族と近しい人だけで見送って欲しい、付き合いの少ない弔問客に形式的な葬儀をしてもらいたくない、という思う人が増えているからです。...

next

大人の常識

subpage3

家族葬は現代における新しい形の葬儀です。いいところもありますが、一方で社会になじんでいない部分もあるため、様々な面で注意をしながら式をすすめていかなければいけないということも忘れてはいけません。...

next

ためになる生活

subpage4

在職中の方ならば、たくさんの人々とのお付き合いもありますので、大きなお葬式が必要でしょう。しかし、引退後の方や専業主婦だった方などは規模は小さくても、本当に悲しんでくれる人だけに見守られての式にしたいと願う方々が増え、今は各地で家族葬が出来る場所がとても多くなりました。...

next

関連情報

subpage5

少子高齢化の現代の日本では、葬儀のあり方がここ数年で大きく変わってきています。かつては葬儀は家族や地域住民の手で行われるものでした。...

next