故人によりそう家族葬

subpage01

少子高齢化の現代の日本では、葬儀のあり方がここ数年で大きく変わってきています。
かつては葬儀は家族や地域住民の手で行われるものでした。

そしてそこには故人だけでなく家族にゆかりのある人々が大勢集まり、故人をしのびました。
しかし現在では生まれ育った土地を離れて生活する人も多く、また近隣住人との付き合いも以前より少なくなっています。
また故人が高齢で既に親類縁者や社会との付き合いがほとんどなかったというケースも珍しくなくなりました。
このような時代に注目を集めているのが「家族葬」という新しい葬儀スタイルです。家族葬は一般的な葬儀の形式を踏襲しつつ、より故人の家族に寄り添った小規模な葬儀です。

現在では多くの葬儀会社でこの家族葬のプランが設定されています。従来の葬儀では故人の身内は喪主として、また葬儀の裏方や接待役として働くことが多く、十分に故人を見送ることができませんでした。


家族葬では基本的に列席者は故人のごく身近な人に限られます。



そのため遺族も接待などの必要がなく、気の置けない人と故人をゆっくり偲ぶことができます。
また葬儀が小規模なので故人や遺族が希望する演出でお見送りをすることが可能です。

人気上昇中の日本経済新聞情報探しのサポートをいたします。

また列席者への返礼品や通夜振る舞いもないため、予算も一般的な葬儀と比べて低額に抑えることができます。



ただし周囲へ参列や供花、弔電の遠慮を伝える必要もあるので、家族葬である旨の通知はしっかり伝える必要があります。