家族葬で本当に温かいお葬式をしませんか

subpage01

在職中の方ならば、たくさんの人々とのお付き合いもありますので、大きなお葬式が必要でしょう。しかし、引退後の方や専業主婦だった方などは規模は小さくても、本当に悲しんでくれる人だけに見守られての式にしたいと願う方々が増え、今は各地で家族葬が出来る場所がとても多くなりました。



故人が喜ぶ音楽を流し、好みの物を置き、好きな花いっぱいの祭壇を設けることができます。
家族葬ですから、お客さんの相手にほとんどわずらわされることなく、身内だけでゆっくり別れを惜しむ時間を過ごすことができます。

故人のための棺や装束、お化粧などにもあれこれと望める、金銭的余裕も出来ます。



元気なうちに、どんな形で見送って貰いたいかということをそれぞれが話しておけると良いでしょう。

家族葬が本人の希望とあらば、他の人から文句が出ることもないでしょう。

もしそうする場合はお呼びできなかった多くの方のために、年賀状のやり取りなどから住所を確認して、お知らせのはがきをお送りしておきましょう。お坊さんはお知り合いの方がおられる場合はそちらへお願いすればよいですが、もしお付き合いがない場合は、葬儀場が紹介してくれます。

あらゆる宗派に対応してくれます。



そのほか、わからないことは、あれこれと聞いてみるとよいでしょう。

プロはたくさんの知識の引き出しを持っておられます。

法要やお墓のことなどの相談もできます。

本当に大切に思ってくれる人による本当に温かいお葬式。
それが最高のお見送りとなるでしょう。