一般葬にはない家族葬のメリット

subpage01

最近では、家族葬を遺言などで希望する人も出てきています。本当に自分のことを思っている家族と近しい人だけで見送って欲しい、付き合いの少ない弔問客に形式的な葬儀をしてもらいたくない、という思う人が増えているからです。


家族葬であれば、そういった形式的な葬儀に振り回されずに大切な別れの時間を過ごすことができます。また、残された家族への負担を最小限に抑えることが可能です。

最期を見送るのは、本当に自分のことを思ってくれていた人たちだけで良い、というのが現代的な考えになっています。



さらに、家族葬お金をあまり使わずに済むというのがメリットです。



一般の葬儀では、通夜が告別式と一緒になり、故人との最後の夜が一般会葬者へのおもてなしの時間になっています。
お清めとして豪華な食べ物を振舞わなければならないことも多く、出費がかさんでしまいます。

その他に葬儀のお金もかかるのに、飲食費代だけでも多くなってしまうので、遺族の負担はますます大きくなりますが、家族葬であれば家族や近しい人さえ満足できればいいので、慎ましやかな内容で済ませることも可能です。

気分的にあまり豪華なものを食べたくないというのもあります。

あまり付き合いのない弔問客への費用負担を抑えることで、故人を見送るためだけにお金を使うことができますし、近しい間柄なので家族もゆっくり最後のひと時を過ごすことが可能です。

故人も遺族も満足した最後を過ごせるのが、家族葬のメリットです。