家族葬で注意すべきこととトラブルを避けるために

subpage01

家族葬は現代における新しい形の葬儀です。



いいところもありますが、一方で社会になじんでいない部分もあるため、様々な面で注意をしながら式をすすめていかなければいけないということも忘れてはいけません。


そのため、家族葬で注意しなければいけないことを書いていきます。
まず、はじめに、葬儀が終わった後に亡くなったことを知った人達がお悔やみを紅自宅まで来てその対応に追われてしまうことや、後から知った人が教えてくれなかったことについて不満を言ってくる。
呼ばない予定だった人が式の日程を知ってきてしまう人がいて、その人の対応に追われてしまうなど、周りに知らせなかったことでのトラブルが挙げられます。
また、家族葬は、親族の間で理解してもらえず、親類同士のトラブルを引き起こしてしまったり、また、金銭的な面でも、参列者の数に応じて、香典の金額も減ってしまうということで、安くあげようと思った結果、逆に高くついてしまうということもあります。

毎日新聞はとにかくお勧めです。

これらのトラブルを防ぐためには、周りにしっかりと伝えることが大切です。

逝去の知らせとともに、事情により家族葬を行うため、参列を遠慮いただく旨を文面にし、ファックスなどで送ると良いです。



もし、急なことでそういったことが間に合わない場合は、式を終えたら速やかにはがきなどで内容を知らせ、説得が難しい親類などについては、早めに相談しておくことで、トラブルになりにくいので、相談することも必要です。